Summer '19でカスタム通知送信

はじめまして。FuruCRMのゴックと申します。Summer '19でリリースはそろそろですね。 今回リリースに当たってプロセスビルダーを使う新しいカスタム通知送信機能を紹介したいと思います。

1. 今までの通知送信方法

自分が調べた限りでは、今までユーザへの通知送信方法が幾つかありますが、すべてはChatter経由で手動で操作する必要があるようです。例えば、ユーザにSalesforce通知を送るには、Chatter投稿を作成してから送りたいユーザに@メンションすることとなります。通知がメンションされたユーザに届いた後、そのユーザはChatter投稿に移動して内容を確認します。少しめんどくさいです。

2.Summer '19でカスタム通知送信方法

今回のリリースではプロセスビルダーでカスタム通知を送信できるようになります。以下は具体的な手順です。

  • カスタム通知を定義する。

「設定」→「通知ビルダー」→「通知タイプ」を順番にクリックします。新規ボタン押下で以下の画面が表示され、ここで必要な情報を入力します。さらに、デスクトップかモバイルでチェンネルも選択できます。

↓の例だと、モバイルのユーザにも送られる、優先度が高いケースのカスタム通知を定義しました。残りの作業は、プロセスビルダーでこのカスタム通知を使う自動送信プロセスを作成することです。

  • プロセスビルダーを作成する。

「ケース」オブジェクトに対する新しいプロセスを作成し、このプロセスがレコードを作成または編集したときに開始されるにします。

次に、このプロセスを実行する条件を定義します。↓の設定について簡単に言うと、つまり「ケースの優先度がHighに変更(新規作成または編集)されたらこのプロセスを実行する」という意味です。

最後に、カスタム通知アクションを追加して、保存・有効化をします。

  • プロセスをテストする。

「High」という優先度があるケースを作成してみたら、パソコンのデスクトップとモバイル画面で以下の通知が届きます。クリックして通知の内容を確認できます。

以上、参考になれば幸いです。

Posted in Salesforce, Vietnam Offshore on May 13, 2019