ベトナムオフショア開発メリットとは?

ベトナムオフショア開発メリットとは?

ベトナムオフショア開発メリットは何と言っても人件費の抑制(開発コストの削減、場合により異なりますが大体3分の1か3分の2コストを削減できる)につながることです。 元々オフショア開発は、開発コストの上昇を抑えるためにインドへの進出をしたことが始まりです。それが現在では、中国からさらにはこれよりも人件費が低いベトナムを始めとした東南アジアへとオフショア開発先を移しつつあります。 日本国内の場合はITエンジニアの人件費が高額になりがちなため、企業にとっての負担が重くなりがちなため、海外へと目を向けているものですが、実際にITエンジニアのスキルは日本とは大差はないということから、ベトナムでのオフショア開発は注目されています。 このコスト削減という部分が、ベトナムオフショア開発メリットとして最も大きなものになります。

#

納期の短縮に繋がる可能性もある

近年はオフショア開発の導入に対しての敷居が下がってきたこともベトナムオフショア開発メリットとなっています。 国内でシステム開発やアプリ開発を行っていた企業も続々と海外へ目を向けている企業が増加しています。 ベトナムを始めとした海外には、スキルが高くても日の目を見ることがない優秀なITエンジニアが沢山います。それらの掘り起こしという意味もありますし、またそういったITエンジニアは決して高額ではない報酬でも請け負ってくれることが期待出来ます。 ベトナムのITエンジニアの場合は、エンジニアの年齢が低いという傾向にあります。そのため、バイタリティに溢れており、結果として納期の短縮に繋がることも期待が持てます。

ベトナムにおけるオフショア開発にはメリットが沢山あります

ベトナムオフショア開発メリットはまだあります。 基本的に親日国ですし、真面目なエンジニアが多いという特徴がありますので、友好的に進められる可能性が高いです。 また、ベトナムは国を挙げて日本向けのオフショア開発に力を入れているため、興味を持っている人が沢山います。国の施策として行っていることから、将来にわたって開発を円滑に行える可能性があります。 さらに、日本との距離が近いですし、時差も2時間ほどしかないですが業務開始は現地の8時半からなので(日本時間:10時半)ほぼかわりません。そのため、リアルタイムにやり取りができる可能性が高いということは、スムーズに業務を進められるというメリットがあります。そして、継続的に大規模な開発であれば優秀エンジニアも長期的に確保できます。

Posted in Vietnam Offshore on May 03, 2019